日本カーリング選手権大会

先日、日本カーリング選手権大会が札幌で開催され、
男子は北海道コンサドーレ札幌が、
女子は中部電力が、
それぞれ優勝しました。

優勝チームは、
3月からの世界カーリング選手権大会へ進む事ができる重要な大会です。

準決勝、決勝戦はNHKで生中継されており、
当日夜のスポーツニュースでも、少し取り上げられていました。

今回、特に女子の大会は、
昨年の平昌オリンピックで銅メダルを獲得したロコ・ソラーレが決勝に残ったこともあり、
もう少しメディアから注目されると思っていましたが、
世間的にはそれほど大きな話題にはならず、個人的には残念に感じました。

カーリングは、
野球やサッカーのように、
国際試合でのナショナルチームは編成されず、
国内の既存チームの中から代表チームを選考し、国際大会に参加します。

ナショナルチームを編成しない理由については
各チームの事情やカーリングという競技の性質によるものなど、
様々な要因があるようです。

そのせいかどうかは解りませんが、
日本では長年にわたり、
人気スポーツになりそうでならないスポーツの一つです。

オリンピック開催時期に限らず、
元々国内で人気のある
野球やサッカー、バレーボールやフィギュアスケートは、
国内大会や国際大会でも常時注目を集めていますが、

オリンピック開催時期にしか注目されないスポーツも
カーリングに限らずまだまだたくさんあります。

特にカーリングは
平昌オリンピックからまだ1年も経っていないのに。

トリノオリンピック、バンクーバーオリンピックに出場し、
先の平昌オリンピックではロコ・ソラーレをキャプテンとして率いた、
本橋麻里選手が、
平昌オリンピックでのインタビューで記者の
「今、日本国中でカーリングが大注目されています」
というような発言に対し、
「4年に一度のヤツですよね(笑)」
と応えていたのを思い出しました。

投稿者:crew.K

カテゴリー:ひとりごと

ブログトップ
お電話でのお問い合わせは 03-5276-7102 お電話でのお問い合わせは 03-5276-7102 2016 WIT PROJECT Co., Ltd. All Right Reserved.